板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックNews〈最新ニュース〉

リペアテックNewsカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他
2012/02/10ホワイトとシルバーが人気を二分 デュポン、2011年世界自動車人気色の調査
 米国デュポンは、2011年の世界自動車人気色調査の結果を発表した。ホワイト/ホワイトパールの人気が急上昇し、シルバーとともに世界でもっとも人気の高い自動車色の座を分け合った。また同時に、未来の自動車の塗色を示す「2011 年デュポン・カラートレンドショー“Sense of Color”」を公開した。
 ホワイト/ホワイトパールは、2010 年の調査で世界の人気色ランキングで16%のシェアしか得られず、グレーと並んで3位になっていた。2011年は、北米での根強い人気とヨーロッパ、中国、韓国、南米、南アフリカでの人気の上昇に支えられて、世界シェアが22%へ上昇した。一方、ブラックとグレーは3位と4位にそれぞれ順位を落とした。
 人気色を地域別にみると、日本でもっとも人気が高かった色はホワイト/ホワイトパールで、26%のシェアを獲得したが、前年の28%から2ポイント減少。ブラック/ブラックエフェクトカラーもシェアを減らし20%になったが、2位の座をシルバーから奪い取った。シルバーは19%。トップ5の残りは、それぞれ9%ずつのブルーとグレーが占めた。グレーのシェアは、昨年比で4ポイント上昇。
 カラートレンドショーで発表されたカラーグループは、“グリーン・べルべット”と“フラッシュバック”のような濃厚なグリーンとレッドなどを含む「デジャビュー」、洗練されたメタリック色の“クレセンド”などを含む「サウンド・オブ・サイレンス」、明るく濃厚なブルー色などを含む「タッチ・オブ・ブルー」、パワフルなイエロー、グリーン、ピンクとパープルを含む「マター・オブテイスト」の4つ。

このニュースに関連する商品

月刊ボデーショップレポート

月刊ボデーショップレポート
カーアフターマーケット総合情報誌
  • この商品を購入する

Proto Rios Products Collection