板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2020/09/26] 投稿番号[0747]

質問者:エステック

ルノー新品交換パネルの錆について
はじめまして。ルノーの新品パネルに塗装をしましたが、半年程経過したのちにブリスター錆が
出て来たとクレームがありました。
弊社では、EDコートに足付け後、プライマー、サフェーサーで包み塗装しました。
以前、シトロンでも同じ症状が有り、研磨してみた所、ブリスターというより鉄板からの錆でした。新品パネル交換後、半年で錆が出ました。
側面を全て塗装、ドアは2枚交換しましたが、リアドアのみのブリスター錆が出ました。
ルノー、シトロンの下請けの板金工場に
聞いた所、新品パネル交換後、錆が出ると言う事例が結構あるとの事です。
この件に関して、何か情報がありましたら
共有させて頂きたく思います。

回答回答日[2020/10/05]

回答者:プロトリオス

ご質問ありがとうございます。ルノーの新品パネルの錆について回答させて頂きます。
弊社では、ルノーやシトロエンの新品部品塗装後の錆発生に関する情報は、聞き及んでおりません。ただし、輸入車に限らず補給部品では、保管状態や製造時の品質のバランスによって、工場での補修作業時や作業後に不具合が発生するというケースはあるようです。
ご質問の文面からの判断になりますが、御社での新品パネルに対しての塗り作業は、特に間違いはないと思われますが、クレームとなれば、無償作業にもなりかねません。既に実行されているかもしれませんが、よくある事例という事であば、塗装作業前に部品の状態を確認する、仕入れ先に保管状態を確認する等、再度、徹底してみてはいかがでしょうか。また、部品の品質に不安のある場合の追加作業は、別途料金計上をする必要があると思われます。

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する

Proto Rios Products Collection