板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックNews〈最新ニュース〉

リペアテックNewsカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他
2011/08/10山梨県車協と同青年部、脱着・取替指数の時間検証研修会を開催
 山梨県自動車車体整備協同組合(市川清理事長)と同青年部(石川雄司部会長)はこのほど、トータルカーセンター共栄(甲府市)において、脱着取替指数の検証研修会を開催した。
 冒頭、あいさつに立った市川理事長は「業界内の共通指標である指数のなかでも、今回は脱着・取替指数の検証を山梨として初めて開催した。指数が合わないという前に、まずは実際にその指数が示す時間内で作業を納める努力が必要である。今後も参加者全員で検証し、効率の良い作業方法を追求していきたい。指数の検証は膨大な量があるうえに、費用もかかる。そこで全国の車協が力を合わせて検証を行なうことで、ひとつずつ解決していきたい」と話した。
 時間検証に使用した車は、スバル・プレオ(RA2)。作業範囲は、右サイドメンバーおよびラジエーターサポートASSYとした。「軽自動車の右フロント部のL型交換で、日常の作業により近い状況とした」(市村智塗装委員長)。
 作業者はトータルカーセンター共栄(滝口幸孝所長)から指数策定の条件にある鈑金の実務経験3年の者を選定するとともに、スバルが発行しているボデー修理書に沿って作業を実施。指数テーブルに記された時間や修理機材、カーメーカーが推奨する修理方法を用いた場合にかかる時間の差異を調査した。
 「気温の高いなかで、特に作業者は頑張ってくれた。脱着・取替指数の検証であったが、正確かつ短時間で済ませるために、今後も勉強会を開催し会員の技術力向上につなげていきたい」(石川部会長)としている。

[写真左]:24人が参加。タイムキーパー役などは手分けして行なった
[写真右]:埼玉県自動車車体整備協同組合。福本光男と泰楽秀人副理事長も駆け付け、参加者にエールを送った

Proto Rios Products Collection