板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックNews〈最新ニュース〉

リペアテックNewsカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他
2011/02/10オートモーティブワールド2011が開催
 電気自動車(EV)向けを含む電子技術関連、および車両軽量化の最新技術を一堂に集めた展示会「オートモーティブワールド2011」(主催=リードエグジビジョン)が1月19〜21日の3日間、東京ビッグサイト(江東区有明)で開催された。
 同展示会は、「第3回カーエレクトロニクス技術展」、「第2回EV・HEV駆動システム展」、「第1回クルマの軽量化技術展」の3展で構成された、今後の普及拡大が見込まれる技術の総合展として開催された。
 3展では、EVなどの普及に欠かせない軽量化技術として、樹脂製品を展示する企業が少なくなく、なかでもフロアパネルやエンジンフードとしてプレス成型可能な「熱可塑炭素繊維複合材料」(東レ)、樹脂製パネルの内部に発泡ウレタンを取り付けた軽量ドアパネル「ドアパネルバイオマスコンポジット」(JSP)が展示され、来場者の注目を集めた。
 金属製品に特殊な成分を配合した樹脂を接着ではなく、溶融接合する技術「ナノ・モールディング・テクノロジー」(テクノアソシエ)など、今後の車の使用素材のさらなる複雑化を示唆する展示がみられた。
 また、内外のカーメーカーが販売中のEVが展示された一方、ガソリン車をベースにした「コンバージョンEV」と呼ばれる車両を紹介する出展企業が多数見られたのも同展の特徴で、車体修理分野を含むカーアフター業界におけるEVへの関心の高まりを改めて印象付けた形になっていた。

Proto Rios Products Collection