板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2020/07/15] 投稿番号[0738]

質問者:オーアールエス

フレーム修正時のレバーブロックなどでの簡易固定の場合の指数などはありますか?
軽く引く際も自重では耐えられないため ジャッキアップ後フレームにジャッキスタンドにかけレバーブロックで逆方向に引くという作業がよくありますが この固定方法に指数などはありますか?なければ実時間など計上しても良いものでしょうか??

回答回答日[2020/07/22]

回答者:プロトリオス

車両の固定については、独自での指数設定はありません。ご存知かと思いますが、フレーム修正に関わる指数では内板骨格修正指数があります。この指数は、修正機に車両をマウント後、4点以上正規に固定し、寸法計測作業や寸法復元作業などを行う基本修正指数と、寸法修復後の個別部品のシワや凹み、曲がりなどを修正する時の形状修正指数の2つで構成されています。従って、フレーム修正機に固定しないという事であれば、この指数は使用出来ません。
ご質問にある通り単にジャッキアップし、引き作業のために簡易固定を行う場合の固定作業に関しては、冒頭でも述べている通り指数はありませんので、実際の作業時間に余裕時間を想定して実作業に見合う指数を計上するという方法が考えられますが、全ての工程で計上出来るかどうかわかりませんので、臨機応変な判断も必要かと思われます。

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する

Proto Rios Products Collection