板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2020/07/14] 投稿番号[0737]

質問者:BP

マツダ 46G
マツダ 46G マシーングレープレミアムM塗装費用が作業の割に安いのはなぜでしょうか?

回答回答日[2020/07/29]

回答者:プロトリオス

 昨今、ボデーカラーにカラークリアを採用している車両が増えてきており、塗装作業が益々複雑になってきていることは事実です。マツでは41V(ソウルレッドプレミアムメタリック)、46V(ソウルレッドクリスタルメタリック)などが代表的なカラーかと思います。このうち、41Vは自研センターニュース 2014年4月号で、補修塗装における塗膜構成は、カラーベース(パールまたはメタリック)+カラークリヤー+クリヤーであって、作業内容も3コートパールと同様であると紹介されています。今回ご質問の46Gも同じような考え方が出来るのではないかと思います。
以前にも似たようなご質問で回答させて頂いておりますが、46Gに限らずカラークリヤーを使用する塗色をメタリック・2コートパールとするのか、3コートパールとするのかは、現在ご使用されている塗料メーカーの配合表を参考にしてご判断して頂ければと思います。

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する

Proto Rios Products Collection