板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2020/07/01] 投稿番号[0735]

質問者:いしかわ

封印
バックドアや、リヤバンパーの取り換えには、封印の再交付がひつようになります

陸運局までにいくのには、封印をしてない車で公道を走ると違法になり、仮ナンバーまたは積載車でいかなくてはなりません。

レッカー費用または、仮ナンバー申請手数料は請求できるのでしょうか?

回答回答日[2020/07/03]

回答者:プロトリオス

 リヤナンバープレートは、ご指摘の通り封印があります。取り外した後は、再封印が必要になり、陸運支局に行くか、指定工場や車体整備特殊一種、二種の資格があれば自社でも可能です。前回の回答にも書かせて頂きましたが、少し前の本ですが弊社出版の『全国見積り事情 Part1』で、再封印についてのアンケートを行っております。それによると見積書に再封印を別途計上している工場は約77%、他項目に振り分けて計上しているが約3%ありました。従って、約80%の工場が再封印の項目を計上している事になります。それに対しての支払いは減額を求められるものまで含むと約88%の割合で支払われています。この結果を見ても別途計上出来る項目と考えられますが、各地域相場というものがありますので、そこから逸脱するような金額であれば減額の要求、最悪は、認められない事になってしまうかもしれません。
 自社で作業する場合も陸運支局に行く(遠い、近いを考慮)場合も、どちらにしろ手間賃を含んだ金額になりますが、地域相場を考慮して適正と思われる金額で請求して頂ければ良いのではないでしょうか。

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する

Proto Rios Products Collection