板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2020/02/23] 投稿番号[0724]

質問者:ボディサービス東北

足場の設置について
お世話になります。この度ハイエースのハイルーフ ワイド のルーフ交換をしました。
建設業の車両と言う事もあり、板金作業場と塗装ブースに建築用の足場を一時的に作ってもらいました。足場代に本来なら10万程 掛かるそうなので、アジャスターに相談したところ、返事はかなり遅くなりましたが、足場の設置写真と足場屋さんの請求書が有れば 今回に限り支払うとのことでした。次回から、設備の有る工場に外注されるか?脚立等で対応願います。と言われましたが、今回足場を設置して作業させていただいたら、すごく安全で作業しやすかったので、次回ももしこのような作業が有れば足場を設置したいです。
やはり、足場代の別請求は認められないものなのでしょうか?
ちなみに、このような作業は数年に一回有るか?無いか?です。よろしくお願いします。

回答回答日[2020/03/04]

回答者:プロトリオス

足場の設置ですが、基本的に高所への作業は、脚立や洗車台などを使用するのが一般的です。ご質問にある通り、今回は特別に支払いに応じたということからも、建築用の足場を使用して作業することは、あまり、一般的ではないと思われます。通常の作業と違って高所作業の場合は、危険な個所が多いことも確かですし、足場もしっかりとしたものでないと、脚立では安定性が悪く使用することでかえって危険な状態になることもあるかと思います。ご存知のように、近年、ハイト系の軽自動車も含めてミニバンなど車高の高い車両も増えて来ていますので、足場を使用する機会も多くなっていくことも想像できます。
ある工場では、そのような場合に備え専用の足場(踏み台)を自社で作成し、足場が必要と思われるような作業の場合、それを使用して高所割増(高所作業用足場料金)として計上し、認めてもらっているというような話も聞き及びます(必要時のみ割増として計上)。これには普段からの保険会社とのお付き合いや作業環境、作業状況なども関わってきますので、全ての工場でそのまま真似できるわけではないと思いますが、ひとつの運用事例として参考にして頂ければと思います。

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する
  • お問い合わせ

Proto Rios Products Collection