板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2019/12/23] 投稿番号[0716]

質問者:いしかわ

調色時間
いつもお世話になっております
昨今、10年とか15年落ちの車の入庫が増えてます
塗装の調色時間は登録から3年程度となっており、変色、退色した色の色合わせが大変難しく、時間も2時間とか掛かってしまうこともたびたびあります
割り増し料金を頂けるのでしょうか?

回答回答日[2019/12/26]

回答者:プロトリオス

調色時間について回答させて頂きます。
 ご存知かと思いますが、補修塗装時の調色作業は、外板パネル塗装時の塗り数値と同時に使用する加算基礎数値に含まれますので、調色時間だけを割増するのは難しいかと思われます。ご指摘の通り、新車時から数年経過しますと変色・退色・黄変等、紫外線の他、様々な影響を受けて変色し、データ通りに色を調合しても実車の色とは、違う場合もあるかと思います。実車の色と合わせる為の微調色や試し塗り等を何回も繰り返さないといけない事も想像出来ます。
 補修塗装指数の前提条件の対象車両として「1〜2年使用(2〜3万キロ走行)、修復歴がなく、汚れ・錆付きは軽度な車両」というのが設定されていますが、これは、あくまでも、指数を作成するための条件であって、実際の車両を対象としている訳ではない事は、ご存知かと思います。10年、15年経過している車両であれば、塗装作業そのものが普段塗装されている車両と比べると、時間がかかるかと思われます。調色時間だけを考えずに、塗装作業全体を考えて技術料を調整してみてはいかがでしょうか?

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する
  • お問い合わせ

Proto Rios Products Collection