板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2019/12/12] 投稿番号[0714]

質問者:kk

産廃処理費用について
保険会社との協定時、産廃処理費用というのはどこに含まれるものなのでしょうか?
含まれてない場合は別途計上してよいものなのでしょうか?

大型の部品を取り換えた場合など産廃の費用は保険請求できるものなのでしょうか?

回答回答日[2019/12/24]

回答者:プロトリオス

 産業廃棄物処理費用に関しては、指数テーブルマニュアルに記載はありません。
過去に損保会社、ディーラー、車体整備事業者等で協議し、指数対応単価に組み込む事で合意に至ったという経緯があるようですが、これもはっきりと明文化したものはないようです。
 弊社が以前行なった見積りに関するアンケートでは、「産廃処理費用」という項目で別途計上していると回答した工場は31%、他の項目に振り分け計上していると回答した工場が11%、計上していない(した事がない)が58%でした。その結果の支払いに関しては、支払われるが16%、減額を求められるが8%で、支払われないが44%という回答でした(不明・その他32%)。
 産廃処理費用に関しては、大型や通常の部品に関係なく基本的には指数対応単価に含まれるものとして、“産業廃棄物処理費用”という項目での別途計上は、アンケート結果のように認められない事が多いようです。その反面、処理費用として計上せずに他の項目に振り分けていると、認められている場合もあるようです(あくまでもアンケート結果に基づく事例です)。
 地域や産廃業者にもよると思いますが、昨今、産廃物の廃棄費用は高騰しています。当然、産廃処理を委託する側には、費用が大きな負担になる事は間違いありませんが、依頼する側も廃棄物処理法等の法令を遵守しているか、また、そのような業者から選定して処理を委託しているか等、法令にも関わるデリケートで根の深い問題でもありますので、大げさに言えば損保会社と工場だけでは解決出来る問題ではないかもしれません。

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する

Proto Rios Products Collection