板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2019/06/04] 投稿番号[0690]

質問者:RYO

バックドア単体塗装
バックドア取替、ガラス割れ取替、片側クォーターパネル取替時の塗装指数について教えてください。
クォーターパネル取替の為、バックドアの塗装とガラスの取付までを先に行い、ガラスの端からクォーターパネルの隙間や出面などのチリを確認し精度を出す作業方法でなければ修理できない車両があります。この際、バックドア塗装指数は単体塗装計上することはできるのでしょうか?(この車両については複数塗2.2h、単体塗3.0h)
宜しくお願いいたします。

回答回答日[2019/06/28]

回答者:プロトリオス

補修塗装指数において外板パネル(準比例パネル含む)塗装は、あくまでリフィニッシュであり、基本的には修理作業や取替作業を完了後に行うものなので、当該事例のようにバックドアの取替・新品塗装が完了した上で、クォーターパネルを取替・塗装することは考えられておりません。
仰せのようにある特定の車種においては例外的に当該作業が必要ということであれば、数値を考慮する必要があると思われます。この場合は確かにクォーターパネルもバックドアも単体塗り数値を適用することになるでしょうが、ボカシやマスキングの範囲に重複があり減算分が生じると考えられますので、それらを適宜考慮する必要があります。
またボデーアライメントを正しく修正(誤差±2o以内程度)できているのであれば、チリ調整は必要最低限の範囲で修理可能という考えもあり、上記作業の必要性を説明し理解いただく必要もあるかと思いますので、保険機関には忌憚なく相談してみてはいかがでしょうか。

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する
  • プロトリオスアウトレット
  • Goo-net自動車流通
  • お問い合わせ

Proto Rios Products Collection