板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2019/04/15] 投稿番号[0679]

質問者:KK

下塗りが必要な塗装色の塗装代について
ダイハツのカラーR71など違う色での下塗りが必要な塗装色の場合、見積もりではどのように計上すれば良いでしょうか?

回答回答日[2019/05/16]

回答者:プロトリオス

塗装見積りにおいて下塗りを必要とする塗色に関し、外板パネル対してのみ「低隠ぺい性塗色割増」を適用する必要があり、数値としては下記の通りです。

溶剤系塗料
取替パネルでは  ルーフ 0.50  ルーフ以外 0.20
修正パネルでは  ルーフ 0.30  ルーフ以外 0.20
これらを塗装パネルごとに加算し、この他に加算基礎数値に 0.30を一回だけ加算します。

水性塗料
取替パネルでは  ルーフ 0.70  ルーフ以外 0.40
修正パネルでは  ルーフ 0.60  ルーフ以外 0.30
これらを塗装パネルごとに加算し、この他に加算基礎数値に 0.30を一回だけ加算します。
この場合の名目は単に「下色割増」でもよいでしょう。

なお、低隠ぺい性塗色に関して、以前は株式会社自研センター様より、低隠ぺい性塗色の一覧が開示されておりましたが、現在は廃止となっております。詳細に関しては、ご使用塗料のメーカー様へお問合せいただく事をお勧めします。
今回例として挙げられたR71(トニコオレンジメタリック)は、web上で検索してみても特に注意するような事例は見つかりませんが、色によっては下塗りにも調色が必要なものもあるようですので、合わせてメーカー様にお問合せされる事が得策でしょう。

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する
  • プロトリオスアウトレット
  • Goo-net自動車流通
  • お問い合わせ

Proto Rios Products Collection