板金・塗装のプロサイト  リペアテックリーダーズ

  • Home
  • Answer
  • Movie
  • News

リペアテックAnswer〈塗装・鈑金に関するQ&A〉

リペアテックAnswerカテゴリ
  • 鈑金
  • 塗装
  • 見積り
  • 技術
  • 製品
  • 経営
  • 法律
  • 環境
  • 人物
  • その他

質問投稿日[2010/09/09] 投稿番号[0216]

質問者:塗装屋

新品パネルのサフェーサー
新品パネルに交換した際、ソリッドに塗装する場合サフェーサーを入れたほうがよいと言われた事があるのですが、そのまま塗装はダメなのでしょうか?

回答回答日[2010/09/13]

回答者:リペアテック

まず、新品パネルへのプラサフの塗布は、工場により対応が様々なのが現状です。
メーカーにより異なりますが、一般的に新品パネルに施されているプライマーは、必要充分な防錆力を持っており、プラサフの塗布は必要が無いと考える修理工場も多いと聞きます。

プラサフを入れる理由としては、新品パネルの肌が平滑でない場合や、梱包用の段ボールの跡が付いていて、下処理をやり直す必要がある場合などが挙げられます。
ソリッドの場合、トマリの悪い色に関しては、トマリをよくするために明度調整のためのプラサフを入れることはあります。
そのまま塗装がダメというわけではなく、新品パネルの肌の状態、塗装する塗色によりプラサフを入れる必要性があるかどうかの判断を行なうことが必要なのです。

今月の ボデーショップレポート

ボデーショップレポート
詳細を見る
最新号から購読する
  • お問い合わせ

Proto Rios Products Collection